内向型人間のための英語独学法 について書いてます

ウォーキングデッド, 海外ドラマで英語

「もし~だったら?」英語&ウォーキングデッド10-13ネタバレ感想

What if Michone was a Savior

© 2010-2020 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.

引用元:https://www.amc.com/shows/the-walking-dead

What if Michonne was a Savior?

(もしミショーンが救世主だったら???)

                     

ウォーキング・デッドファンの皆さん!

ウォーキングデッド・シーズン10の13話

もう見ましたか?

ついに、あの人が…(T T)

そして見つけた手がかりはなんと…?!

ネタバレ注意!!

               

さて、ここからはネタバレありの感想と

セリフを使っての英語の学習(記事の最後)です

                 

まだ見てない人はこの先は絶対に読んじゃダメですよ!

見ていない人は今すぐHuluへ!

見たら必ず帰って来てくださいね(^^)

                

\今なら2週間無料キャンペーン中/

                 

どうですか?エピソード13、見ましたね?

では感想から始めます(^^)/

                     

ミショーン、ついに旅立つ!リックを探して… 

さてさて、ついにミショーンが行ってしまいましたね…(´;ω;`)

ミショーンが去って、古参のキャラはもはやダリルとキャロルだけ

悲しいです(TT)

しかも、強いキャラがほとんどいなくなってしまって

戦力的にも不安ですよね💧

                        

ベータの反撃が怖いよ~

おまけに、ユージーンが会いに行った女性も敵か?味方か?怪しいです💦

ウィスパラーズを倒して、そろそろまた新たな敵が現れる頃ですし…

                           

何より、ミショーンが船で見つけたリックの手がかり

スマホ?!

画面に彫られていた日本語ももちろん気になりましたが…

                          

スマホって、ウォーキング・デッドの世界では初めての登場ですよね?

ウォーキング・デッドの放送開始が2010年で

当時現実世界では、スマホはもう広まっていました

                             

ウォーキング・デッドの時代設定はほぼ同時代と思われるのですが

第一話から、リックはトランシーバーで連絡を取り合っていたので

この世界にはスマホは存在しない設定なのかな~とずっと思っていたので

ちょっとびっくりしました( ゚Д゚)!

                                

書いてあった日本語は

「もう少し 信じてみて」

                                

ユミコに加えて、また日本人の重要キャラが登場しそうで嬉しいです(^^)

この日本語の謎は、リックのネット映画の方で解き明かされそうですね

                          

そしてもう一つビックリなニュースが・・・

な、なんと!

シーズン10の最終エピソードが、コロナの影響で撮影できず

今年の後半の放送になってしまいましたね💦

 © 2010-2020 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.
https://www.amc.com/shows/the-walking-dead/full-episodes?utm_expid=.jprKxno1R6SBCmZzg9_FeQ.1&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.amc.com%2F

                         

いや~、でも、楽しみが先に伸びただけですもんね(^^;

キャスト、スタッフ全員無事でいてくれればそれでいいです!

                          

それに、アメリカでは4月12日から、スピンオフドラマ

『ウォーキング・デッド:ワールドビヨンド』

も放送開始ですよ!

 © 2010-2020 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.
https://www.amc.com/shows/the-walking-dead/full-episodes?utm_expid=.jprKxno1R6SBCmZzg9_FeQ.1&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.amc.com%2F

                       

ついにあの、ヘリコプターの人たちが姿を現します!

日本ではまだ放送は未定ですが

Huluさん! ぜびリアルタイム放送、よろしくお願いします!

                          

それと『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のシーズン5&6も

放送よろしくお願いします!!

 © 2010-2020 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.

                           

************************

                          

【セリフで英語学習】もし~だったら(どうする)?

                           

ミショーンは手がかりのスマホを見つけたことをジュディスに伝えます

でもジュディスやRJが心配で、リックを探しに行けないミショーンに

ジュディスが言います

                  

You have to go …you have to …We’re OK.


「行かなきゃだめよ…行かなきゃ…私たちは大丈夫」

「What if he needs you Mam ? 」

「パパがママを必要としてたらどうするの?」

「What if he’s trying to come home  but no one will help?

「パパは家に帰ろうとしているのに、だれも助けてくれなくて困ってたら?」

                                  

have to 動詞の原形 = ~しなきゃ

What if S V = ~だったらどうする?

                         

迷いながらミショーンは言いかけます

「If I go….

「もし行くなら…」

                  

ジュディスがそれをさえぎります

                         

When you go…   when you’re fighting …」

「If もし」じゃなくて「When~ ~する時」と言い換えてます

「もし」じゃなくて「実際に行って、戦って」

と訴えているんですね

                        

ジュディスの言葉でミショーンは覚悟ができたようです

When I go and find   brave man.」

「行って、勇者(リック)を見つけるわ」

ミショーンは泣きながらも、とても晴れやかな笑顔でしたね

                      

                    

いいシーンでしたね(^^)

ジュディスの成長が目覚ましいです

                               

英語的にも

「If..」と「When…」のニュアンスの違いもよくわかって、面白いですね


「 have to 動詞の原形 = ~しなきゃ」

「What if  S V~?=~だったらどうする?」

日常会話でよく使うので、自分でも実際に文に使ってみましょう!

Use it ,or Lose it !! 

                            

第14話、タイトルは「Look at the flowers」

※邦題は ”後悔の黄色い花”                     

これは、シーズン4でリジーを殺したときのキャロルの名セリフ!

「Look at the flowers…」(お花を見なさい…)

               

                    

キャロル~、あなた、また何するの~?!

14話も何が起きるのか楽しみです(^^)

                                  

                     

#ウォーキングデッド #海外ドラマ #英語独学 #もし~だったらどうする?英語 #ミショーン #英語 #セリフ #もう少し信じてみて
#リック #~だったらどうする? #~しなきゃ #whatwebecome  #whatif  #haveto #ミショーンラスト #ジュディス #ダリル
#キャロル #後悔の黄色い花 #lookattheflowers #勇者

                 

                               

コメントを残す

CAPTCHA